最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

「痩せやすい時間」の運動がダイエットのカギ!

「痩せやすい時間」の運動がダイエットのカギ!

美容豆知識 | update: 2016/10/21

image

ダイエットで「キレイに痩せたい」ならば食事制限だけではなく適度な運動もマストです。でも、いくら運動してもまったく効果があらわれない……なんてことも、あります。スッキリ痩せたいならば「痩せやすい時間」をねらって運動するようにしましょう。

運動で痩せやすい時間がある?

実は同じ運動でもどの時間にするかによって消費エネルギーは異なります。せっかくエクササイズするならば、少しでも痩せやすい時間に取り組みたいものですが、そもそもなぜこのような差が生じるのでしょうか?

痩せやすい時間のカギを握るのは自律神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、交互にどちらか一方が優位になっています。活動モードの時には交感神経が優位で、心拍数も体温もアップしています。逆にリラックスモードの時には副交感神経が優位で、心拍数・体温ともに低下し、心身の休息や回復にふさわしい状態になっています。

運動で痩せやすい時間とは、交感神経が優位になっている時に他なりません。一般的には、交感神経は朝から日中にかけて、副交感神経や夜に向かって優位になっていきます。したがって、同じ運動をしたとしても朝の時間帯の方が痩せやすいというわけなのです。

朝の運動のデメリットにも注意

痩せやすい朝の時間をねらって運動するというのは、効果的なダイエットを目ざす人にとっては賢い選択です。しかし、朝の運動
にはデメリットもあることを忘れないようにしましょう。特に起床時は血糖値が一日の中でも最も低いため、早朝ランニングで低血糖により倒れてしまう人も少なくありません。1本のバナナと水分でもかまなわないので、必ず何か口にしてから運動するようにしましょう。

また、朝は体温も低く体も硬い状態です。いきなりの激しい運動
は怪我のリスクを高めます。必ず準備運動をした上で、ウォーキングやストレッチなど軽度の運動にとどめましょう。どうしても本格的なランニングなどをしたい場合には、起床後少なくとも30分は経過した後にして下さい。

16時前後もゴールデンタイム!

朝が痩せやすい時間帯とわかっていても、忙しい毎日を過ごしている人にとって毎朝運動しているような余裕はないかもしれません。そんな時には、夕方16時前後の運動も悪くはありません。

身体が完全に活動モードに入っている時間帯なので、朝になかなか交感神経のエンジンがかからない人にもおすすめです。日中の活動を通じてすでに代謝もアップしているので、運動による消費
カロリーも上がりやすくなっています。また、朝とは違って筋肉もほぐれているので怪我をする危険もいくらか少ないのです。

さらに、夕方の運動は成長ホルモンの分泌を促すという研究結果もあります。これは朝の運動にはないメリットと言えるでしょう。成長ホルモンは子どもだけではなく大人にとっても非常に重要で、代謝アップ、筋肉量アップ、美肌作りなどには欠かせないものです。朝はゆったりとしたウォーキングなどがおすすめでしたが、夕方は少しハードな運動こそ効果的です。筋トレを毎日の生活に導入したければ、夕方を選択するようにして下さい。

以上のように、運動によって痩せやすい時間帯というのは明らかに存在しています。朝または16時前後ということになりますが、17時過ぎの通勤時間帯を利用するのもいいでしょう。いつも電車に乗っているところを二駅ほど早足で歩いてみるなど、運動はスポーツクラブでなければ行えないというものではありません。無理せず毎日コツコツ続けることが、ダイエット成功への近道です。痩せやすくなおかつ自分が気持ち良く取り組める時間帯を見つけて日々の習慣にするようにしてみてはいかがでしょうか。

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら