最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

お腹の脂肪の落とし方!誰も知らない小ワザを紹介!

お腹の脂肪の落とし方!誰も知らない小ワザを紹介!

お腹痩せ | update: 2017/08/10

image

脂肪の落とし方には意外な盲点も多く、勘違いした方法でやっているという方も多いです。そこで、今回は脂肪の落とし方の中でも、小ワザを紹介します。これを実践すれば、お腹もキュッとスリムになるかもしれません。

■食べないんじゃなくて食べる!
よくダイエットのためには「食べないこと」なんて聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。確かに基礎代謝が高い人が断食をすると、そのままエネルギーを使って身体の脂肪を燃やしていきます。しかし、そもそも筋肉が少ない人が断食したところで、脂肪燃焼は進みません。脂肪を燃やすためには、とにかく食べて運動することが必要です。

人間は食べることによってエネルギーを吸収し、それを使って生命活動をしています。これは車とかと一緒です。大きなトラックを動かすためには大量のガソリンが必要となりますよね。原付バイクだったら少量のガソリンでも十分走ります。このように、人間の身体も食べ物をしっかり食べないと、逆に脂肪の燃焼スピードが遅くなってしまうのです。

お腹の脂肪を落としたいなら、まずはエネルギーをしっかり摂取して、その上で筋トレや有酸素運動などのトレーニングをしていくことが最も大切です。食べずにダイエットをするより、食べてダイエットした方が脂肪の燃焼も早いと言われていますよ。

■走るんじゃなくてジャンプする!
ダイエットと言えば、走ることばかりを考えてしまう方もいるでしょう。確かにお腹の脂肪を燃焼させるには走るのが効果的です。しかし、多くの方は3日も走れば、キツいと思って続けなくなってしまうはず。その割合はダイエットをする人の7割だと言っても良いです。要は、運動を続けられないと意味がないのです。

それにも関わらず、ダイエット記事で書かれているのは「とにかく走れ」「基礎代謝を上げろ」「筋トレをしろ」とのことばかり。もちろんこれらの事は間違ってはいませんし、必要です。ですが、それよりも簡単な方法としてはジャンプです。今座っているところから立ち上がり、数分間ジャンプしてください。これならわざわざ外に出る必要もないですし、人目を気にせずできます。

もともとは縄跳びによるダイエットからヒントを得たものですが、人は前に走るよりも上にジャンプするときの方がエネルギーを使います。また、下半身を鍛えられるということもあって、継続して脂肪燃焼しやすい身体を作っていくこともできるのです。この方法はかなりおすすめです。ただ、膝を痛めてしまうこともあるので、1日にジャンプする時間は2分~10分の間に抑えてください。その間、小まめな水分補給も欠かさないようにしてください。

■姿勢を整えてお腹をへこませる!
これはとても簡単かつシンプルな方法です。太っている人の多くは、猫背だったり骨盤が歪んでいたりするなど、姿勢が悪い方が多いです。実は姿勢を整えるだけで、人間は代謝が若干ですが上がると言われていて、身体の巡りも良くなると言われています。これを応用して、正しい姿勢をまずはキープしてみてください。

そのままの状態で、お腹をへこませてください。これだけで、実は内臓脂肪を燃焼させる効果があります。実はお腹をへこませるという動きには、インナーマッスルを鍛える効果があるのです。身体には表面的な筋肉と内面的な筋肉があり、身体の中の筋肉を鍛えることがとても重要となります。へこませるだけで鍛えられるのか不安という方もいますが、実はこのお腹をへこませる方法はかなり効果的です。ぜひ試してみてください。

まとめ
小ワザとは言っても、どこかで聞いたことがある方法もあるかもしれませんが、今までの常識が常識ではないこともあります。効果的な方法は日々研究されていて、色々な方法が紹介されているので、ぜひトライしてみてください。

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら