最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

お腹の脂肪を落とす筋トレの効果を高めるコツ

お腹の脂肪を落とす筋トレの効果を高めるコツ

お腹痩せ, 美容豆知識 | update: 2019/07/08

girl-1031308_640

お腹の脂肪を取るために、腹筋などの筋トレを行っている人も多いでしょう。しかし、筋トレをしていてもお腹の脂肪が取れない、ということもよくあることです。そこで、お腹の脂肪を取る筋トレの効果を高めるコツを紹介しましょう。

■正しいフォームで行っているかを確認
お腹の脂肪を落とすために、腹筋やスクワットを行っている場合、効果がなかなか出ないのは間違ったフォームや方法で行っているからかもしれません。筋トレは正しい方法で行うことで効果が出るものです。自分のフォームや方法を再度確認してみましょう。

【腹筋をするときの注意点】
・上半身を上げるときに勢いをつけない
・手を頭の後ろで組んでいる場合、手に力を入れない
・腹筋以外、足や手などに力を入れない

【スクワットの注意点】
・顔を下に向けない
・背中を丸めない
・立ちあがったときに膝を完全に伸ばさない

などといった点に注意しましょう。正しいフォームで行わないと、数をこなしても効果は期待できません。注意点をチェックし正しく行いましょう。

■スクワットはお腹の脂肪を落とすトレーニングとしてもおすすめ
スクワットは下半身を鍛えるトレーニング、という印象を持っている人もいるでしょう。確かに下半身の引き締め効果が高いと言われるスクワットですが、お腹の脂肪を落とすトレーニングとしても効果があると言われています。特に内臓脂肪を落とすと言われているので、内臓脂肪が気になる女性にもおすすめです。

また、腹筋だけではお腹まわりの脂肪を簡単に落とすことは難しいとされています。お腹の脂肪を効率的に落とすには、消費カロリーを増やすこと。スクワットは下半身をはじめ全身の筋肉を鍛えることができるので、効率的にカロリー消費をすることができます。

前述したように、スクワットも正しいフォームで行うことが大事です。ポイントとしては、

・足を肩幅程度に開く
・股関節から曲げることを意識する
・背中を伸ばす

といった点です。最低限、このポイントだけでも抑えて行うようにしましょう。

■筋トレと合わせて有酸素運動を行う
筋トレは筋肉量を増やして基礎代謝を上げエネルギーを消費しやすくしたり、お腹を引き締めたりする効果は期待できますが、直接脂肪を減らすことはできません。お腹の脂肪を落とすには、筋トレだけではなく有酸素運動も併せて行うのがおすすめです。

有酸素運動は酸素を取り入れなから行う運動で、脂肪燃焼効果が期待できます。ウォーキングやランニング、エアロバイク、水泳などの有酸素運動を行いましょう。泳げなくても水の中を歩く水中ウォーキングは高いカロリー消費が期待できます。

運動に慣れていない人が急に走ったり、ダンスをしたりすると、膝や腰を痛めてしまうことがあります。水泳であれば膝や腰への負担が軽いので運動をしていない人にもおすすめ。ランニングやエアロバイクを行うなら、最初から無理をせずできる範囲から行い、徐々に時間を長くしていくといいでしょう。

■日常生活を見直す
筋トレをしっかりしていてもお腹の脂肪が一向に落とせない、という場合は日常生活に原因があるのかもしれません。トレーニングをしていても、睡眠不足をしていたり、甘いものを食べ過ぎていたりしていませんか?食事制限でお肉を取っていないと筋肉量が増えません。ストレスが溜まっていると、睡眠不足になったり、食べ過ぎたりすることもあります。

トレーニングの効果を出すためには、日常生活にも注意をすることが必要です。再度、普段の生活を振り返り、改善すべき点は改善しましょう。

お腹の脂肪を落とすには、食事制限だけでも、筋トレだけでも効果が出にくいものです。筋トレも腹筋だけ行うより、スクワットや有酸素運動などを合わせて行うのがおすすめです。十分な睡眠を取り、正しい方法でトレーニングを行えばお腹の脂肪もなくなっていくでしょう。

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら