最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

お腹周りの脂肪の落とし方を徹底解説!

お腹周りの脂肪の落とし方を徹底解説!

お腹痩せ | update: 2017/03/03

ddffeffe7e73680037ea17026967edb1_s

お腹周りに脂肪が溜まっていて、気になっているという方も多いのではないでしょうか。男性に多いメタボですが、実は女性にも結構多いと言われています。
また、女性の場合は筋肉が少ないので、一度脂肪が付くとなかなか落ちません。そこで、この記事ではお腹周りの脂肪の落とし方を解説します。それぞれの方法を駆使して、効果的に脂肪を解消していきましょう。

■有酸素運動で基礎代謝を高める
お腹の脂肪というのは、基礎代謝が低い女性に溜まりやすいと言えます。男性も溜まりやすいですが、女性も実は結構な割合で溜まっていることが多いです。それらを解消するためには、基礎代謝を高めていくことが必要となるでしょう。
基礎代謝と言うのは、文字通り基礎的な代謝のことを言います。基礎代謝は、基本的に多くの方に備わっている機能なのですが、女性は男性よりも低く、中にはかなり低下してしまっている方もいます。

普段から運動することによって保てるのですが、基礎代謝は毎日運動しないと徐々に低下していきます。その基礎代謝を鍛えるのに効果的なのが、有酸素運動なのです。いわゆるウォーキングやランニング、ジョギングなどの酸素を使った運動が有酸素運動と言われています。
これらの運動は、酸素を取り入れながら運動できるので、効率的に身体を引き締めていくことができます。また、基礎代謝自体が高くなるので、全体的に太りにくい体になっていくでしょう。

■筋トレで脂肪を燃焼する
お腹周りに贅肉が溜まっている方は、筋肉量が少ないという可能性があります。女性は男性よりも筋肉量が少ないため、筋肉を鍛えることはとても重要だと言えるでしょう。ただ、お腹周りを鍛えると良い訳ではありません。
お腹の脂肪が気になっている方は、よく腹筋などをしてしまいがちです。確かに腹筋がある程度付いていると、その周りの肉を引き締めてくれる効果はあります。しかし、腹筋自体は人体の中でも小さな筋肉のため、鍛えても効果が出るまでに時間がかかるのです。

その間に、あまり変化が見られなくて筋トレをやめてしまう方が多いです。これが挫折の大きな理由となるでしょう。筋トレをする場合は、全身の脂肪燃焼に効果的な大きな筋肉を鍛えていくと良いです。
女性が鍛えやすい筋肉としては、太ももと胸、腕、背中となります。ただ、胸などは筋肉を付け過ぎるとサイズが小さくなってしまうこともあるので、太ももなどを中心に鍛えていくと良いです。

特に太ももを鍛える運動は、お腹周りを付随して引き締めてくれる効果もあります。また、下半身がしっかりしてくると、姿勢も綺麗になり、よりお腹の肉が目立たなくなるでしょう。

■食事管理
お腹周りに脂肪が溜まっているのは、食生活が乱れているためだと言えるかもしれません。脂肪が多い食事ばかりを摂取していては、どれだけ運動をしてもなかなか脂肪が落ちません。つまり、食事管理も重要となってきます。ちなみに、食事管理をするときは、食事制限と混合しないようにしてください。
食事制限もダイエットには効果的ですが、リバウンド率が高いです。女性の場合は一度食事制限をすると、何も食べなくなってしまうという方も多いので、体調不良にも気を付けておきたいところです。

食事はしっかり食べるようにし、適度に運動を取り入れ、健康的にお腹周りを引き締められるようにしましょう。食事は炭水化物や脂質の摂取量に気を付ければ、無理に制限する必要はありません。

■おわりに
お腹周りに脂肪が溜まっている方は、効果的な落とし方を知っておくと良いです。色々な方法がありますが、重要となるのは基礎代謝と筋肉、そして食事です。それらをしっかり管理できれば、お腹周りもスッキリしてくるでしょう。

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら