最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

どうする?女性の下っ腹ダイエット

どうする?女性の下っ腹ダイエット

お腹痩せ | update: 2016/09/06

image

ポッコリお腹はいかにも中年体型のイメージです。しかし、年齢を重ねるほどお腹の脂肪は落ちにくくなるとも言われています。突き出た下腹の悩みを抱えている女性におすすめしたい、下っ腹ダイエットの方法を紹介します。

下腹がポッコリする原因

年齢とともになぜ、下腹がポッコリしてくるのでしょうか。全体的なスタイルは若い頃とさほど変わらないのに、なぜかお腹だけ出ているという人も少なくありません。これは、筋肉が減少することで内蔵が下に落ちてくるとともに、脂肪がつきやすくなっていることが原因です。とくに女性はもともと男性よりも筋力が少ないので要注意です。また、脂肪のつき方としては、男性は内臓脂肪を貯めこむ人が多いいわゆるメタボリックシンドローム型が多いのに対して、女性は皮下脂肪が胴のまわりにぐるりとつく人が多いようです。つまり、ポッコリお腹が気になるようになったら、背中の贅肉も増えている可能性が高いということです。

おすすめのエクササイズ

そんな女性のための下っ腹ダイエットとしておすすめなのは、まず、腹筋を強化する筋トレです。「腹筋をしても効果がなかった」という人も少なくありませんが、下っ腹ダイエットのための筋トレとして最適なのはじつは腹筋ではありません。腹筋は胃からお臍あたりを凹ませるダイエットには効果を発揮しますが、下っ腹には不向きなのです。下っ腹ダイエットとしておすすめなのは、たとえば「寝たまま足上げエクササイズ」です。
・両手を広げて仰向けに寝ます。
・両足は揃えて伸ばします。
・両足を床に対して90°になるまでゆっくりと上げます。
・90°の位置で30秒ほどキープした後、ゆっくりと下げます。
最初は1日10回程度でかまいませんが、慣れてきたら20回、30回と回数を増やしていきましょう。

ドローインで鍛えよう

下っ腹ダイエットには腹横筋という体の深部にある筋肉を鍛えることも大事です。この腹横筋こそが、下っ腹を引っ込める筋肉とも言われています。「寝たまま足上げエクササイズ」はキツイを感じる女性も多いかもしれませんが、次に紹介する腹横筋を鍛える「ドローイン」は女性でも無理なく毎日続けることができるでしょう。
・仰向けになって寝て膝を立てます。
・手は自然に両脇に置きます。
・お腹から胸に空気を入れるイメージでゆっくりと口から息を吸い込みます。
・息を吸いきったら、胸、お腹の順番で空気を抜いていくイメージで口から息をゆっくりと吐き出します。
これを5回~10回を1セットとして1日3セットを目標に頑張ります。起床時、就寝時にベッドの中で15回ずつ行うのもおすすめです。

以上のように女性のための下っ腹ダイエットに効果を期待できるエクササイズはいくつかありますが、ついサボってしまうという人もいるでしょう。そんな時には、毎日、つねに下腹に力を入れることに意識するだけでも試してみる価値はあります。仕事や家事に取り組んでいる間も、立っていても座っていても歩いていても、気がついたらいつも下腹を凹ませるようにするのです。凹ませたり膨らませたりを繰り返すよも良いでしょう。エクサイズが三日坊主になってしまうぐらいならば、むしろ、毎日下腹をできるかぎり凹ませることを意識することをおすすめします。あわせて食事にも気を配るようにしましょう。どんなに下っ腹エクササイズに真剣に取り組んでも、暴飲暴食をしていては意味がありません。低カロリー高タンパクで栄養バランスの良い食事を心がけるようにしてください。

いかがでしたでしょうか。下っ腹ダイエットに取り組むことは単にポッコリお腹の解消だけではなく、体幹トレーニングにもなり、全体的に若々しいシルエットを取り戻すのに役立つはずです。美容と健康のために下っ腹ダイエット、はじめてみませんか?

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら