最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

セルライトの除去は自宅で可能?ふくらはぎが太くなる原因とは

セルライトの除去は自宅で可能?ふくらはぎが太くなる原因とは

美容豆知識 | update: 2018/12/17

people-2560869_640
全体的に見ると痩せているのにふくらはぎだけが太い。そんな悩みを持っている人は多いもの。では、なぜふくらはぎが太くなってしまうのでしょう。また、ふくらはぎのセルライトを自宅で除去することはできるのでしょうか。今回は、ふくらはぎが太くなる原因と対処法を紹介します。

セルライトの除去は自宅では難しい

結論から言うとセルライトの除去を自宅で行うのは困難です。なぜならセルライトの正体は皮下脂肪だからです。皮下脂肪には付きにくく落ちにくい厄介な特徴があるので、自宅でセルライトを除去するのには大変な労力が必要です。

特に女性の場合は男性とくらべて、皮下脂肪型の肥満が多いのも特徴。男性には内臓脂肪型の肥満が多いのですが、内臓脂肪には皮下脂肪と反対に付きやすく落ちやすい特徴があります。もちろん地道に筋トレをしたり有酸素運動をしたりすることで、自宅でセルライトを除去することは不可能ではありません。ただし長期にわたって取り組むことが必要です。

ふくらはぎが太くなる原因

ふくらはぎが太くなる原因は大きく分けて4つあります。1つ目は脂肪が付着すること、2つ目はふくらはぎが冷えること、3つ目はふくらはぎがむくむこと、4つ目は骨盤の歪みに伴うO脚です。

ふくらはぎが太くなるもっとも分かりやすい原因が脂肪の付着。食べ過ぎて太くなるのはふくらはぎも同じです。脂っこいものや甘いものを好んで食べていると、ふくらはぎが太くなるリスクも上昇するわけ。また、ふくらはぎの冷えもふくらはぎが太くなる原因の1つです。特に女性は男性よりも筋肉量が少ないためふくらはぎが冷えがち。ふくらはぎが冷えると筋肉が硬くなるのでふくらはぎが太くなるのです。

全体的に見ると痩せているのにふくらはぎだけが太い場合、ふくらはぎにむくみが出ている可能性もあります。足は第2の心臓と呼ばれていますが、ふくらはぎの心臓へと血液を送り返す力(筋ポンプ)が弱くなるとふくらはぎの血流が滞り、結果としてふくらはぎが太く「見えて」しまうのです。あと骨盤の歪みに伴ってO脚になっていると、やはりふくらはぎが太く「見え」ます。

骨盤が後ろに傾くと股関節が外旋し、脚の外側にばかり負荷がかかるようになります。そのため、ふくらはぎの外側がボコッと太く見える訳です。

ふくらはぎの理想のサイズって?

ふくらはぎ痩せにチャレンジするのであれば、始めにふくらはぎの理想のサイズを知っておきましょう。一般的にふくらはぎの理想のサイズは身長×0.2とされています。身長が160cmであれば32cmが理想的なふくらはぎのサイズです。モデルさんの場合は身長×0.175が理想的とされるので、モデルさんのようなふくらはぎを目指すのであれば、160×0.175=28cmを目標にしましょう。

ふくらはぎ痩せの方法

ふくらはぎ痩せの方法としては筋トレと有酸素運動が、ふくらはぎの「見た目痩せ」の方法としては血行促進と骨盤矯正があげられます。筋トレを行うとふくらはぎを引き締めることができます。また、ふくらはぎの筋肉量が増えることによって血行がよくなり、むくみを改善することもできますし、足首をキュッと引き締めることも可能です。

有酸素運度を行うと脂肪燃焼が起こるので、ふくらはぎを根本から細くすることが出来ます。ただし脂肪の燃焼は有酸素運動を開始してから20分ほどかかるので、せっかく有酸素運動をするのなら20分以上取り組みましょう。ふくらはぎの見た目痩せをするのであれば、むくみの改善や骨盤矯正によるO脚の改善が効果的です。自分ではなかなか難しいので、評判のいいエステサロンや整体院で施術を受けるとよいでしょう。

まとめ

いったん付着したセルライトを除去することはなかなか困難。どうしても早く除去したいのであれば美容整形を受診するのがオススメです。マッサージではセルライトの除去はできません。ふくらはぎ痩せをするのであれば筋トレや有酸素運動がおすすめですし、ふくらはぎの見た目痩せをしたいのであれば、エステサロンや整体院で施術を受けるのが効果的です。

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら