最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

下っ腹に効く筋トレやダイエット法

下っ腹に効く筋トレやダイエット法

お腹痩せ | update: 2016/08/08

image

夏と言えば海にプールなど楽しいイベントが盛りだくさん。寒い時期に比べて、洋服は薄く、ピッタリしたものが増えてきます。そんな時に気になるのが、ぷにぷにしたお腹です。

特に年齢とともに下っ腹のポッコリが気になってきた!という人も多いのではないでしょうか?すっきり引き締まった綺麗なボディを目指すべく、下っ腹に効く筋トレとダイエット法をご紹介します!

足上げ体操で筋力アップ
両手を広げて寝そべり、足を揃えて伸ばします。その体制から足をゆっくり真上に上げて下さい。下げる時もお腹の筋肉を意識しながら、息を深く吐きつつゆっくり下すようにします。筋肉が少ない方には中々辛い動きなのですが、その分しっかり鍛えられる体操です。

最初は1日10回程度から始め、慣れて来たら徐々に増やすようにしましょう。お腹に筋肉がついて来れば、下がりがちな内臓の位置が元に戻るので「痩せているのに下っ腹だけポッコリ」そんな方にも効果的です。

お腹をひねる
体をひねる動きというのは、普段中々することがありません。だからこそ意識的に行うことで、かなり大きな引き締め効果に期待できるのです。ラジオ体操のように大きく腰から捻るのもいいですし、ヨガマットなど柔らかい敷物の上で腰を捻りながらお尻で歩く、というのもかなり効きます。

お尻で歩くのは見た目的に少し面白い感じにはなりますが、足を少し上げる必要があるため立って運動するよりも自然とお腹や太ももに力が入り、意外とやってみるときつく感じます。続けていけば腰回りから下っ腹にかけてがキュッと引き締まりますよ。

日々の意識が大切
下っ腹を引き締めるには、何よりも「意識をする」ことが大きな筋トレ、ダイエット方法になります。いつも呼吸をする時、お腹の筋肉の動きを気にすることはないでしょう。
しかし息を吐く時にはお腹を最大までへこませるように、息を吸う時はぐっと膨らませるように、それを繰り返すだけでもしっかりと下っ腹は鍛えられます。

腹筋運動のような強い負荷はないので、本当にこんなので効果があるの?と思うかも知れませんが、軽い負荷でも長い時間かかっていればきちんと下っ腹は引き締まります。
テレビを見ている時、仕事や勉強をしている時、歩いている時、お風呂に入っている時…。いつでも下っ腹の筋肉を意識してみてくださいね。

下っ腹のダイエットには便秘解消が必須
下っ腹が出てしまう理由は、太っていたり、筋肉がないことだけではありません。実は便秘によって溜まった便で、ぽっこりしてしまっていることもあるのです。
下っ腹のダイエットを行っている時に便秘になってしまった時は、早急に何とかした方がスムーズに痩せられます。

日常的にヨーグルトや果物など、お腹に良いと言われているものを食事に取り入れるようにして、できれば筋トレだけではなくウォーキングなど軽い運動もするようにしておくと便秘解消に役立ちますよ。

体の歪みに注意
下っ腹のダイエットをしよう、と思ったら、正しい姿勢を心掛ける必要があります。背中を丸めて、猫背になるような姿勢をとってみて下さい。どうでしょう、下っ腹のお肉がぷにっとはみ出しませんか?

体が歪むと本来であればつかなくてもいいはずの場所に、ムダなお肉が付いてしまいます。そうなるといくらダイエットをしても、思ったように痩せることはできません。
骨盤の歪みも下っ腹には影響があるので、椅子に座った時に足を組むクセがある方は特に注意が必要です。どちらか片側だけに体重をかけない、背筋をきちんと伸ばす、綺麗な姿勢をめざしましょう。

まとめ
体内の流れが悪くなると、むくんで下っ腹がぽっこりすることがあります。座りっぱなし、立ちっぱなしの他にも、冷房が強い場所で体が冷えやすい場所で長時間過ごす方は、浮腫みが酷くなっている可能性も考えられるのです。

体が冷えると脂肪も付きやすくなるので、下っ腹をすっきりさせたい!と思っている方は、まずこの「冷え」を何とかしなければいけません。
できるだけ内臓を温め、冷たいものや塩分を摂り過ぎない食生活をするようにしたいですね。

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら