最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

ストレッチ効果を上げる痩せやすい体の作り方とは?

ストレッチ効果を上げる痩せやすい体の作り方とは?

美容豆知識 | update: 2016/06/13

image

「毎日ダイエットを頑張っているのに、少しも体重が減らない」「水を飲んでも太る気がする」そんな悩みを抱えていませんか?食事のカロリーに気を配ったり、ストレッチを毎日の習慣にするのは良いことですが、その前に「痩せやすい体」にしておくことはもっと大事です。「生まれつき太りやすいから」と、あきらめることはありません。誰でもできる痩せやすい体の作り方を紹介します。

痩せやすい体とは、言い方を変えれば基礎代謝が高い体ということです。特別な運動をしなくても、人間はボーッとしているだけでも、極端に言えば寝ている間でさえ消費するエネルギーがあります。これを基礎代謝と言いますが、その大きさには個人差があり、筋肉の量に比例しています。加齢、偏食、運動不足などで筋肉が少なくなれば、当然、基礎代謝も低下してしまいます。痩せやすい体を作るためには、筋肉の量をキープし、もし可能ならば増やしていく必要があります。一度減ってしまった筋肉でも、適度な運動を毎日の生活に取り入れることによって再度増やすことも可能なので、あきらめずにがんばりましょう。

代謝が上がればエネルギー効率は高くなり、痩せやすい体になるだけではなく、むくみ、冷え性などの改善が期待できます。基礎代謝が高ければ、どんなに食べてもどんどんエネルギーが消費されていくので、脂肪がつきにくいというわけです。いわゆる「痩せの大食い」には、このようなカラクリがあったのです。もちろん、生まれつきの体質もありますが、後天的に痩せやすい体を作ることもできるので、チャレンジしてみる価値はあります。

基礎代謝を上げるには、ストレッチなどでよく体を動かすというのもひとつの方法です。とくにデスクワークの人は筋肉が衰えがちなので、仕事の合間に積極的にストレッチを取り入れるようにしてみましょう。そうとはいっても、オフィスで床に座って本格的なストレッチを始めるというわけにもいきません。そんな時には、座ったままで腹筋を凹ませたり元に戻したり、両足を床から浮かせて10秒程度キープするのを繰り返すだけでも効果はあります。また、ストレッチは筋肉量を増やすだけではなく、筋肉をほぐす効果もあります。体の可動域が増えることによって、日常生活で消費するエネルギーも増え、ますます痩せやすい体になることが期待できます。

ストレッチをするタイミングとしては、入浴後もおすすめです。入浴によって血行が促進されているので、ストレッチの効果も出やすくなっています。また、起きてすぐ、寝る前などに布団でするのも良いでしょう。ストレッチはとにかく毎日続けることが大切です。パジャマのままでできるぐらいの気軽なものがおすすめです。

基礎代謝を上げるにはストレッチだけでなく食事や睡眠にも注意しましょう。食事はできるだけ高タンパク、低カロリーを心がけます。ダイエットでタンパク質まで控えてしまうと、一瞬体重は落ちますがリバウンドしやすい体になってしまいます。間違ったダイエットによって筋肉が落ち、基礎代謝が低下することによってかえって太りやすくなってしまうためです。筋肉の原料となるタンパク質はつねにきちんと摂取することは非常に大事です。また、筋肉が作られるのは夜寝ている間です。運動や食事にいくら注意しても、睡眠時間が足りないのでは元の木阿弥です。しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

いかがでしたでしょうか。痩せやすい体を作ることで、ダイエットの8割は成功したといっても過言ではありません。憧れの、何を食べても太らない体は誰でも手に入ります。けっして生まれつきの体質だけで決まるものではないのです。「なかなか痩せない」という悩みを抱えている人ほど、ぜひ挑戦してみてください。

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら