最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

セルライトをつぶす時にできてしまうあざをできなくするコツ

セルライトをつぶす時にできてしまうあざをできなくするコツ

美容豆知識 | update: 2019/04/10

f97dc92365cc10f7feb74ea14f481c1f_s
セルライトをつぶす方法としてマッサージがありますが、力を入れてつぶそうとするとあざになってしまうことがあります。あざができてしまうほど力を入れるのは、皮膚へのダメージにもなるので注意しなければなりません。マッサージでセルライトをつぶすときの注意点と効果的な方法について紹介します。

■セルライトをつぶすマッサージであざができる理由

机の角に足をぶつけたりするとできるあざ。皮膚の下の血管がかぶれて血液が漏れてしまうと青色や紫色のあざができます。軽くぶつけただけでも、青くなってしまうことがあるように、セルライトをつぶすためのマッサージであざができてしまうこともあります。

あざができるということは内出血している状態なので決してよくはありません。あざができると1週間以上消えないこともあり、見た目にもよくないものです。ぶつけたわけでもないのにあざができてしまうということは、マッサージをする力が強すぎるということ。セルライトを除去したいと思うと、つい力が入ってしまうのは分かりますが、注意が必要です。

■セルライトをつぶすマッサージに力は必要ない

固くなったセルライトを取り除くには、力を入れてマッサージをした方が効果的なのでは?と思っている人もいるでしょう。しかし、それは誤解であり、マッサージをする際に力を入れる必要はありません。

実際、マッサージをしたからといってセルライトが分解されるわけではありません。セルライトをリンパに排出するためのものです。そのため、力を入れてもむのではなく、軽くさするくらいでいいのです。

■セルライトを撃退するマッサージ方法

セルライトができると、膨らんだ脂肪細胞のせいで血液の流れが悪くなります。余分な水分や老廃物が溜まらないようにマッサージをするのが効果的と言われています。自分でできるマッサージ方法を紹介しましょう。

・足のマッサージ
足裏、足の甲、くるぶし、足首、ふくらはぎの順番にマッサージをします。老廃物を膝裏のリンパ節に向かって流すように、マッサージをします。

・足の付け根のマッサージ
足の付け根を外側から内側に向かってさすります。

・腕のマッサージ
指先、手の平をほぐし、手首からひじにかけてねじるようにマッサージ。二の腕は胸に向かって老廃物を流すようにさすります。

・わきの下のマッサージ
ひじの内側からわきの下に向かって、やさしくなでるようにさすります。

■あざを作らないためのマッサージの注意点

マッサージはセルライトをつぶす、というよりは、セルライトができないよう、老廃物や余分な水分を流すことでセルライト予防ができる方法です。そのためには、リンパ節に向かって余分な水分や老廃物を流すようにマッサージをすることですが、その際には力を入れず、なでるように優しくマッサージをすることが大切です。

マッサージを行うタイミングとしてはお風呂上がりなど、体が温まっているときがおすすめです。血行がいい状態なので、余分な水分や老廃物が流れやすくなります。肌への摩擦を避けるためにも、オイルやクリームなどを使うことも忘れないようにしましょう。

セルライトは皮膚のすぐ下に存在するものではなく、また長期にわたって蓄積されてできたものです。そのため、根気よくマッサージや運動をすることが必要です。短期的に取り除こうとして力を入れてマッサージをしても、効果は期待できないでしょう。

さするように優しくマッサージをすることで、あざができることはありません。力を入れたからといって固まってしまった脂肪が分解されることも、減ることもないでしょう。皮膚にダメージを与えるだけなので、マッサージを行う際には優しく、なでるようにすることがポイントです。

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら