最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

生理の後が痩せやすい?効果的なダイエット法

生理の後が痩せやすい?効果的なダイエット法

美容豆知識 | update: 2017/05/25

image

生理痛など何かと女性の悩みのタネとなる生理ですが、実はダイエットに活用できるというのはご存知でしたか?生理周期と痩せやすいタイミングの関係について詳しく解説しましょう。

・生理前は食欲が増える

「生理の前に甘いモノがやたらと食べたくなる」という経験がある人は少なくないと聞きます。これは、生理前にはプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増え、体内にいろいろなものを溜め込みたい欲求が高まるからなのだそうです。代謝も悪化しがちなため、生理前は太りやすい時期でもあるといえます。どうしても甘いモノが欲しい時にはカカオ含有率の高いチョコレートを食べるなど、炭水化物の摂り過ぎに注意してください。むくみやすい時でもあるので、塩分も控えるようにしましょう。

・痩せやすい生理後

これとは逆に、生理後に分泌が高まる女性ホルモンがエストロゲンです。生理開始日を1日目とするならば、8~20日目まではエストロゲンの分泌量が増加しています。エストロゲンの分泌が増えると、甘いモノを無闇に食べたくなるようなこともなくなります。食欲が抑制され代謝もスムーズになるでしょう。身体も心もストレス少なく過ごすことができる時期なので、体重も落ちやすくなるのです。ただし、生理期間中はまだ不快な生理前症候群も残っているので、軽くストレッチなどをする程度にとどめましょう。最も痩せたい時期である生理終了時から次の排卵日までに、しっかりとダイエットに取り組むようにしてください。

・生理後に効くエクササイズ

生理周期的に最も痩せやすい生理終了時から排卵日までは、生理前に脂肪をためこんだお腹を引き締めるのにも最適の時期です。お腹を引っ込めたい人におすすめのエクササイズを紹介します。

・仰向けに寝ます。
・おへそのあたりに力を入れながら、そろえた両足を5cm程度上げて、約1分間キープしましょう。

テレビを見ながらでも簡単にできることが魅力ですが、もう少しハードなものを希望している人には、以下のようなエクササイズもおすすめです。
・肩幅より少し広めに足を開き、両腕を頭の後ろで組み、背筋を伸ばして立ちます。
・背筋をピンとしたまま、太ももと床が並行になるまでゆっくりと越しを落とします。
・そのまま1分ほど同じ姿勢をキープした後に、息を吐きながら元の姿勢に戻ります。これを10~20回ほど繰り返しましょう。
以上のようなエクササイズを、生理後は積極的に毎日の生活の中に取り入れるようにしたいところです。しかし、無理をし過ぎるとホルモンバランスを乱して、生理そのものが止まってしまうようなこともあるのでくれぐれも注意しましょう。

この生理後の痩せやすい時期は、食事制限よりも運動をメインにしたダイエットをおすすめするのには理由があります。この期間に食べたいものを我慢しすぎると、その反動で生理前にことさら過食したくなる傾向が強くなるといわれているからです。痩せやすいタイミングでダイエットに成功したとしても、太りやすい時期にリバウンドしてしまうというのでは意味がありません。痩せやすい時期のメリットを最大限活かすためにも、あくまでも無理なく取り組むことがポイントになるのです。栄養バランスの整った食事を心がけ、生理前に溜め込んだ老廃物を排出しやすくするために食物繊維をしっかりと摂るように心がけてください。生理によって失われた鉄分を補給するために、レバー、ひじき、青のり、きなこ、ごま、煮干しなどを積極的に毎日の食事の中に取り入れましょう。

いかがでしたでしょうか。まずは自分の生理周期を正しく把握して、痩せやすい時期を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。運動や食事にいつもより少し気を配り、効率良くダイエットしてみませんか?ただし、行き過ぎたダイエットは生理前により太りやすくなったり、生理そのものを止めてしまうこともあるので、くれぐれも注意しましょう。

https://woman.mynavi.jp/article/140322-30/

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら