最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

生理中に痩せやすい体作りを準備するには

生理中に痩せやすい体作りを準備するには

美容豆知識 | update: 2018/08/09

fitness-332278_640

生理前には太りやすいものの、生理後には痩せやすいと感じたことはありませんか?この仕組みを利用して、生理中に痩せやすい体作りを準備することが可能です。どうすれば効果的に生理後に痩せられるか、紹介します。

■生理前はなぜ太りやすいのか
生理前には、1日で1~2kgの体重増加が起こっても不思議ではありません。この変動は、ホルモン分泌の上昇によって引き起こされる一時的なものです。人によっても異なりますが、多くても1kg程度の増加が大多数で、このような変化が突然現れたら生理が近づいていないかチェックしてみるとよいでしょう。

体重の変動が生理前に起こる原因は、女性ホルモンの一種プロゲステロンの分泌量が増えることです。また、排卵によっても、ホルモンの影響から体重が増えることがあるといいます。増えた体重の成分は、主に水です。ホルモン変化によって体が水分を保持しようとするため、水分が増えるのです。体内では自然に水分バランスをとろうとして、塩分や糖分なども求めます。ただ、体が求めるがままに食べたり飲んだりしていると、余計に太りやすくなるのも生理前の困ったところです。

プロゲステロンは腸内運動にも影響し、腸の働きを弱めて便秘を引き起こすことがよくあります。生理前の変動を抑えめにするには、意識して体を動かしたり、食生活を整えるのが効果的です。

■生理後に痩せやすい理由
生理後にはプロゲステロンの分泌量が減少し、同じく女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌量が増加します。エストロゲンは、女性らしい体を作ったり、新陳代謝を高めるのが役目です。このため、特に分泌量が増加する生理後から排卵までの2週間に痩せやすくなります。生理後に痩せやすくなる理由のもう一つは、生理前にためこんだ水分が一気に排出されていくことです。

■生理中に痩せやすい体作りをするには
生理前と生理後の体の変動を把握しておくと、生理中に痩せやすい体作りをすることができます。痩せやすい生理後を利用して、ダイエット効果を高めるのです。運動にも食事にも意識して、ダイエットチャンスを大いに活用してください。ただし、食事制限をしすぎるのはよくありません。食物繊維を積極的に摂って便通を改善したり、甘いものを控えめにすることでも生理後に痩せやすくなります。日常的にこのような注意をしておけば、生理前に太り過ぎることも防止可能です。

食物繊維を多く含む根菜類や海藻類を食べるときは、よく噛んで食べるようにしましょう。よく噛むと満腹感も高まり、消化もよくなります。生理前に溜まりやすい老廃物の排泄が促進されて、生理後に一気にスッキリということも可能です。食べる順番に気を付けてみるのも、効果的です。食物繊維を含む食材は食事の最初に食べるようにすれば、満腹感が早くに出て食べ過ぎを抑えることができます。

生理前には、やたらと甘いものが食べたくなる傾向があります。望むままに食べていれば、便通が悪くなる時期に老廃物を余計にためこんでしまうでしょう。精神的にも甘いものが食べたくなりますが、生理中にかけて控えめにしておくと生理後のダイエット効果がアップします。食べたいという気持ちを我慢できないときは、カロリーを抑えめのおやつを選んでみるのも一案です。生理後のダイエット効果を見込んで、筋肉の材料となるたんぱく質が多い食べ物を選ぶのも、生理前から生理後のおやつにおすすめです。ただ、3食きちんと食べるようにしておけば、むやみにおやつを食べたくならないことも覚えておきましょう。

生理後にスッキリしたボディに出会うためには、生理中に痩せやすい体作りをすることが大切です。毎月美しくなるチャンスがやって来るのですから、生理も憂うつなばかりではなくなってきませんか?

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら