最近のお知らせ

カテゴリー

月別アーカイブ

簡単かつ手軽に!脂肪を燃焼してふくらはぎを細くする方法

簡単かつ手軽に!脂肪を燃焼してふくらはぎを細くする方法

ふくらはぎ痩せ | update: 2017/03/17

image

ふくらはぎに一度脂肪が付いてしまうと、なかなか落ちないですよね。そのことで悩んでいる方も多く、実際にダイエットをしている方も多いです。ただ、ふくらはぎというのは、ダイエットをしてもなかなか細くなりません。もともと脂肪が少ない部位だけに、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか落ちにくいという特徴を持っています。

■ふくらはぎが太くなる原因
まずはふくらはぎが太くなってしまう原因を知っておくと良いでしょう。ふくらはぎというのは、普段歩くだけでも筋肉が付いて、正直脂肪自体は溜まりにくい場所と言えます。しかし、普段から歩かない方や全然運動しないという方は、徐々に筋肉も少なくなって脂肪が溜まるようになってきます。一度脂肪が溜まると、なかなか落とせないので、まずは脂肪を溜めないようにすることが必要となります。

また、その他にふくらはぎが太くなる原因としては、ふくらはぎに筋肉を付け過ぎた場合も考えられるのです。男性などに特に多いのですが、女性も筋肉を付け過ぎるとふくらはぎが太くなります。もともとふくらはぎは歩くだけでも筋肉を使うので、鍛えやすい部位だと言えるのです。逆に言えば、筋肉を付け過ぎてしまって、太くなる可能性も大きいということです。

■ふくらはぎと脂肪の関係
全身に脂肪が付いてきたとき、人間の身体は脂肪が溜まりやすいところから、最初に付いていくと言えます。例えば、お腹や太もも、胸などは脂肪が付きやすい場所だと言えるでしょう。ただ、太ももや胸に関しては筋肉が大きいため、痩せるのも簡単です。

ふくらはぎの場合は、脂肪が付くのも全身に脂肪が回らなくなってからだと言えます。ようやく太ってきて、脂肪が行き場を失くしてから付いてくることが多いです。それは、逆に言えば最終シグナルだと言えるでしょう。ふくらはぎには、本来脂肪はあまり尽きません。しかし、太っている人は着実に脂肪が付いてきて、大根みたいに太くなってしまうのです。

また、一度脂肪が付くとなかなか落ちないということもあって、ダイエットなどを諦めてしまう方もいます。一番良いのは、普段から歩くようにして、脂肪を溜めないことです。それさえ守ることができれば、そもそも太くなるということは避けられるでしょう。

■ふくらはぎを細くする方法
ふくらはぎを細くするためには、適度な運動が最適です。ただ、筋肉を付け過ぎるとガチガチになってしまうため、歩く程度の軽い運動がおすすめです。それによって筋肉がちょっと付いてくると、脂肪を燃焼してくれるようになります。

その他、マッサージなども効果的な方法だと言えるでしょう。特に普段あまりふくらはぎを使わないという方は、自分の手で揉み込むだけでも身体が綺麗になっていきます。また、老廃物なども流すことができるので、ふくらはぎに溜まっている不必要なものまで綺麗にしていけます。それは太さの改善にも繋がっていくことだと言えるでしょう。

マッサージに関しては自分でやるのも良いですが、専門のエステなどを活用するという方法もおすすめです。自分でやると打撲してしまうほど強くやってしまうこともあるので、プロの力を借りることも視野に入れましょう。そうやって対応していくだけで、ふくらはぎは目に見えて細くなっていくはずです。

■まとめ
ふくらはぎは筋肉を付け過ぎてもダメですし、筋肉がなさ過ぎてもダメだと言えるでしょう。適度に筋肉を付けて、脂肪が溜まらないようにすることが何より重要です。太くなってしまった方は、マッサージなども取り入れて解消していけるように頑張ってください。そうすれば、細くすることは可能です。

■急いで痩せたい方へ
急いで痩せたい方はやはりプロにお任せするのが一番です。

年間5万人のお客様実績を持つ痩身専門サロン「エステサロン フェイバリックスグループ」」では、期間限定で、痩せたい箇所を選び集中ケアする「自分投資コース 美化キャンペーン」を行っています。

通常16,200円のところ、今ならなんと3,000円で、お腹・二の腕・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・足首の全6部位から気になる部位を集中ケアいたします。

>キャンペーンの詳細はこちら